インフォメーション

北海道大学総合博物館で27日(土)に開催された、昆布を1日楽しむ日「こんぶday2018」。
朝から大雨警報が鳴る悪天候にもかかわらず、大勢のご来場をいただき無事終了いたしました。
今回は偶然にも大阪堺市で発見された、幻のビンテージ昆布で出汁をとり、その美味しさを皆さんに味わっていただく企画を担当。
この昆布は道南銭亀沢産の真昆布で、昭和42年産の印が捺してあり、今から何と51年もの時を経た昆布。
いったいどんな味わいなのか、、、
比較するために、ビンテージ昆布と同じ場所で採取された1年物の真昆布を用意し、その違いをじっくりと堪能していただきました。

もう1つのコンテンツである「きき出汁コンテスト」は、第1回開催から続く人気イベントで、毎回感動と驚きで盛り上がります。
去年の優勝者は小学校4~5年生くらいの男の子でしたが、今年の優勝者はこちらの女性。
なんとパーフェクト正解で、参加者、来場者、そして関係者もビックリ!
コンテスト用に難易度をあげて作った出汁ですが、まさかパーフェクトが出るなんて、私が一番驚いているかも。
素晴らしい!!
普段は出汁をとらないとお話していましたが、これを機会に出汁に目覚めてしまうかも。
優勝商品として、海と畑を繋ぐ活動をしている「海っ子の森」さんから、安納芋が贈られました。

その他、昆布人によるトークリレーや、昆布を使ったタワー作りなど、楽しい企画がいっぱい。
また来年も開催予定なので、どうか楽しみにしていてくださいね。

私が被っているのは、幼稚園の先生が手作りしてくださった「昆布ちゃん」。
真ん中の昆布が重さに耐え切れず、倒れてしまったのだけが残念(笑)

「うまみ」って何だろう?
普段、当たり前のように使っている言葉だけど、具体的に説明できますか?
微妙なニュアンスを、分かりやすくお話させていただきました。
うまく伝わったかな^^

きき出汁を見事パーフェクト正解するママさんや、本職顔負けの鋭い感性のママさんまで、私が一番楽しませていただいた時間だったかも。
感心させられたのは、小さな子供達。
0歳、1歳、2歳くらいの3人が一緒でしたが、泣いてママを困らせることなく、なんと120分みなさんと一緒に受講してくれました。
鰹節をパクパク食べながら、とってもエライ子でしたよ^^
美味しいものは、何も言わなくても分かるんですね~~

今度、おじさんの会社に遊びにおいで。
お腹一杯、鰹節を食べさせてあげるよ!

今月27日に開催される「こんぶday」に先がけて、会場となる北海道大学総合博物館のミュージアムショップぽとろさんにて、昆布をたっぷり贅沢に使用したbdだしぱっくうまみの試飲・販売をいたします。

お近くへお越しの際には、是非お立ち寄りください。

11時~15時くらいを予定しております。

地域活性化につなげようと、苫小牧総合経済高校の学生さんが考案された、新しい地元グルメ「苫小牧やきそば」。
東胆振産の食材と、弊社の「ほっきぶし」を使用する共通点以外は、各店舗が趣向を凝らせた具材や味付けで楽しませていただけます。
全店回って食べ比べも楽しいですね~~

 

【ご提供店舗】

・餃子の王将イオンモール苫小牧店さん (柳町)

・広島お好み焼き 鉄板さん (緑町)

・苫小牧温泉ほのかさん (糸井)

・ココトマカフェさん (表町)

・ラーメン ニング双葉店さん (双葉町)

・味の一龍さん (しらかば町)

・楽食中華 飛燕さん (ときわ町)

・味の鉄砲さん (住吉町)

・中国料理 蓬莱沼ノ端店さん (東開町)

・大将さん (春日町)

・マルトマ食堂さん (汐見町)

 

1